振袖の柄

振袖の柄の種類には様々なものがあります。花や生物、モチーフなど実にバラエティに富んでいますが、それらは適当に作られたものではありません。着物の柄は古典的なものであれば特にそれぞれの意味を持っていますが、おめでたい着物だとなおさらです。何気なく見ている着物の柄を、その歴史とともに見ていきましょう。まず定番の柄といえる花柄ですが、中でもメジャーなものがやはり桜でしょう。一見オーソドックスに感じますが、夜桜、枝垂桜、などバリエーションも豊かで、色や形によって可愛らしくも大人っぽくもなり得ます。同時に牡丹の花もよく使われる花柄の一つです。牡丹は昔から中国でも縁起のいい花とされ、重なる花びらとふっくらとしたその形が豊かさを象徴するものとされています。また草花を中心に鳥なども加えて構成する辻が花もよく見られます。これは柄というよりも絞染を主にする技法の一つとしてとらえられています。古典柄という分野もあります。古くから伝わっている古典的な柄で、扇子や鼓、熨斗(のし)、仏教の宝を表す七宝など、縁起が良いものが描かれています。御所車などは優雅な雰囲気を出すのに適していて、手毬は可愛らしいイメージを出すことができます。古典柄はその物だけだと地味な感じになりがちなので、花と組み合わせて使われることが多い柄です。御所車などに花をいっぱい積んで花車模様と呼んだりもします。生き物を描いた柄は、主に鶴や孔雀のようにおめでたいものが中心になります。花嫁の打掛に描かれることも多く、これらを吉祥文様と呼びますが、振袖にも使われています。また華やかさをかもしだす蝶の柄も生き物柄としては多いものです。古典柄と同様、生き物柄も花柄と共に描かれることがほとんどで、花と組み合わせることでより一層豪華さを表現することができます。
振袖には柄以外に格というものがあります。柄で決まるものではなく、袖の丈によって変わります。一番格が高いのが大振袖ですが、こちらは結婚式に着用するのがほとんどで、成人式などは次の格になる中振袖を着るのが普通です。一番袖の短い小振袖は袴を着用する時などに着ます。袖の長さ以外で格の高い着物が絞りの着物です。絞りは昔からある伝統的な染めの技法で、総絞りは最高級の格の着物といわれ、江戸時代の姫君たちでも簡単に着ることができませんでした。見方によっては古風で地味な印象さえ受ける絞りですが、柄に関係なくもっとも豪華なものといえるでしょう。

振袖レンタルならまるやまへ