合宿免許の特徴と魅力

合宿免許の概要

日本では運転免許の取得は通学と合宿の2種類から選ぶことができます。合宿免許はその名の通り、教習所が管理運営をする寮や指定の宿泊所に宿泊をしながら取得を目指す方法になります。合宿免許は法律で定められている最低年齢の18歳を超えていて、視力や聴力など安全な運転に必要となる条件を満たしていれば誰でも利用が可能です。とはいえ、国内の全ての教習所が行っているわけではないので、自分が希望する教習所が合宿のシステムを取り入れているかについて事前に確認しておく必要があります。

合宿ならではの魅力とメリット

合宿免許には通学とは異なる合宿ならではのメリットがたくさんあって、中でも特に大きな魅力と言われるのが取得までの期間の短さになります。通学で取得を目指す場合、若干の個人差はあるとはいえ平均2~3ヶ月の期間が必要なのに対して、合宿は最短2週間弱で取ることが可能です。
運転免許は試験に合格することで初めて取得ができますが、試験の前に法律で定められた授業を受けることが義務付けられています。通学の場合、この授業はその都度自分で予約をしなくてはいけないため、混雑する週末など状況によっては希望するタイミングで取れないことは少なくありません。しかし合宿は予め決められているスケジュールをこなす形になるので、曜日やシーズンに関係なくスムーズに進められます。

そのほかの魅力として挙げられるのが費用の安さです。合宿は宿泊施設で生活をしながら勉強を行うため、その分費用が高くなるのではないかと懸念する人も少なくありません。しかし、実際は通学よりも数万円程度安い費用で取ることができます。これは、前述した授業のスケジュール管理や土地代の安さでコストを抑えられているのが主な理由です。学生のように、金銭面に余裕がない人にとってこの点は大きなポイントと言えます。

利用する上で知っておくべき注意点

費用の安さを始めとした数多くのメリットがある合宿免許ですが、注意すべき点もいくつかあります。その一つが入学から卒業するまでの期間の拘束です。合宿は一度入学したら卒業するまで原則帰宅をすることができないため、仕事や学校を休むことになります。そのため、事前に2週間前後の休みを取っておかなくてはいけません。
そして見落としがちとなるのが宿泊施設です。宿泊施設の部屋のタイプはシングルから相部屋まで教習所ごとに違っていて、1人で申し込んで相部屋だった場合には、見ず知らずの人と卒業するまで寝食を共にすることになります。ルームシェアがストレスになる人はこの点について確認しておくことが必要です。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!