合宿免許と通学免許の利点と難点

合宿教習に通うメリットとデメリット

合宿免許の最大のメリットとして、短期に運転免許を取るために必要な終了検定に合格できるチャンスがあります。合宿教習所が用意した宿泊施設から教習所に通い、乗用車やバイク、更にトラックなどの学科教習、技能教習を短期間で受講し、合格することができるからです。短期間で運転免許証に関連したスキルを効率よく学んで卒業試験を受験できるため、長い休みを取っている人にとっては免許を取りやすいのがメリットとなっています。取得する免許証によっても異なりますが、普通免許証の場合ATで最短14日、MTで最短16日となっているため、夏休みを利用して取る人も少なくありません。

また、入校から卒業までのカリキュラムを教習所が組んでくれるため、予約する必要がありません。スムーズに行けば3週間弱で卒業できますが、仮免検定などに不合格となると何度も受験しなければならなくなるため、余分な費用や日数がかかります。
更に時期によっては10万円近く違う金額となっているため注意しましょう。合宿免許は費用を抑えて教習を受けたい人にとっては最良といえるでしょう。

若年層に大きなメリットとしては、自分の住んでいる地域とは異なり、別の地域で免許取得を目指すことができます。少し長い期間を旅行している気分になれるため、卒業旅行代わりに出かける学生も少なくありません。
費用は旅行よりも多少かさみますが、食事代が入っているところであれば入校・教習所代・食事代・テキスト代・試験代・宿泊費が含まれます。資格を取れて学科や技能の教習以外はアルバイトをしたり近くを観光できるため、経済的に大変お得です。なお、内訳は教習所ごとに多少決まりが違うため、通う前に必ず確認しましょう。

デメリットとしては、必ずしも教習所で定めたカリキュラムどおりに教習が通らないことです。卒検や仮免に落ちてしまうと滞在日程がかかるため、更に費用がかさむことも少なくありません。また、教習所によっては相部屋となるため、プライバシーがなくて不便と感じる人も少なくないといわれています。

通学教習に通うメリットとデメリット

通学教習のメリットとしては、会社帰りや学校帰りに空いている時間を使って教習所に通えることです。長期休暇を取ることが難しくても、時間を効率よく使って免許証取得のためのスキルを身につけることができます。週末だけ教習を受けられるところも存在しており、仕事やバイトなどで平日忙しい人でも免許を取ることが可能です。

また、通学教習の場合よく知っている道を走ることになるため、地元の地理に詳しくなることができます。教習内容や通う教習所によって多少道は異なりますが、免許を取得してからも、周辺道路に慣れているためスムーズに走りやすいでしょう。自宅から出かけるときに、どの道を走ればどんな施設にたどり着くのか、道にはどんな道路標識があるのかを理解しやすくなります。
急用があって別の日に予定を振り替えやすいのも、通学教習のいいところです。どうしてもはずせない用事ができたときに、教習を別の日程に割り当てられる為、忙しくて通うことが難しいときでも安心といえます。

デメリットとしてはいつでも通えるため、サボってしまいがちになることです。また、混雑しているシーズンは予約を入れたくても入れられない事もあるので注意してください。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!

関連記事